仕事に趣味に意欲的なアクティブシニアを応援します




アマゾンのおすすめ




中身のとじかた 1~袋とじ(袋折り)

さて、これから中身の作り方をみていくわけですが、まず最も重要な「とじ方」の解説をします。とじ方にもいろいろあるのですが、その中でも最初に紹介するのは、袋とじとよばれるとじ方です。

袋とじでまっさきに思い浮かぶのが、小学校のときの卒業文集ですね。みんなが思い思いの将来の夢なんかを書いたりして、それを子供たちだけでガリ版で刷って本の形にする。いやあ、懐かしいですねえ。マスターなんか、卒業文集の編集委員だったので、楽しかったですよ。表紙に自分の描いたイラストがのったりして。

文集之図1
文集之図2

思えば、遠足や修学旅行のしおりなんか全部この袋とじでしたね。とにかく、

手軽

なんです。両面印刷の必要もないし、片面に印刷して、それを真中で折って、まとめてホッチキスなんかでとめるだけ。子供でも簡単にできるんですよね。もちろん大人になってからやってもいいんですよ。

~袋とじの手順~

  1. 片面に印刷もしくはコピーする
  2. 片面に印刷之図

  3. 用紙を2つ折りにする
  4. 2つに折る之図

  5. 表紙と一緒にたばねる
  6. 表紙とともにたばねる之図

  7. まとめてホッチキスなどでとめる
  8. まとめてとめる之図

背の部分を、

製本テープ

でとめる方法も覚えたりして。用途によっては最も扱いやすいとじ方です。なにせ、両面印刷ということを考えなくてすみます。

ただ、いかんせん袋とじでは印刷していない中の部分がもったいないし、その分厚さが厚くなってしまいます(同人誌などでボリュームを出すために、あえて袋とじにすることもあるそうです)。ページ数の多い本を作ろうとするときにはやけに分厚くなってしまうし、見た目も「本」とはいいにくいですね。

このサイトでは、本格的な「本」を作っていきますので、袋とじの方法はとりません。ただ、袋とじという方法は知っておいたほうが良いので、Wordや印刷関連のところで触れることにします。

(補足)このような綴じ方を、「袋折り・平とじ」ということもあります。たしかに「袋とじ」ですと、男性週刊誌なんかの例のヤツみたいですね(笑)。ただ一般に、このやり方が袋とじといわれる場合がだんぜん多いので、細かいことは気にせず「袋とじ」ということにします。

質問やコメント一覧

トラックバックURL:
http://www.a-senior.com/challenge02/book/wp-trackback.php?p=47

質問やコメントを書き込むのはこちら





;( :x :s :p :o :d :[ :) :( :$ 8) (~) (y) (w) (u) (t) (r) (q) (p) (o) (n) (m) (l) (i) (g) (f) (e) (d) (c) (b) (^) (@)


Copyright © a-senior.com All rights reserved.